凄い夢の話???

夢の話です。。。

私と次女は、旅行中でした・・ タクシーの後の席でした。。。
和風な観光地(高山みたいな風景の街)を走っていました・・・

「あっ、ここ、前に入ったことある・・・」
と言ったら・・タクシーの運転手さんが、停めてくれました。。。
その運転手さんが・・・
「舞さんと、Kさんですね・・・」と言って、振り返ると・・イケメン運転手さんでした。
「僕ですよ・・イクスですよ・・・」とカレは言いましたが・・・?
(確かにイクスという人は知っていますが・・実際は、女性なんですよ?)
(たぶん彼女が描く、イケメンになっていたのでしょう・・・)
イケメンのイクスちゃんは・・私に写真をくれました・・・
私の着物姿の写真です・・前に埼玉(平林寺)で撮ったとか・・言っていました・・・
イクスちゃんが「美人に撮れているでしょう」と言ってくれましたが・・・
(私の感想は・・シワが多くて、ブスな写真だと思いましたよ・・・f^^)

タクシーを降りて、イクスちゃんとバイバイして・・・
降りたところの、和風な建物の中に入りました。。。
和風な素敵な、お土産の店でした。。。

しばらくすると・・・
大通りに・・・おんぼろな、ミニの車が走っているのが見えました。。。
外人男性が、3人乗っていました・・・

ちょうど店の前で・・ガタンと音がして・・車のそこが抜け落ちました。。。
後ろの席の人の足が・・車の下にブランと出てしまいました。。。
そして、バラバラと・・荷物が落ちましたよ。。。

私は・・落ちたものを拾いました・・・
細かいもの、ペンとか本とか・・いろいろありました・・・
靴の箱も、落ちました・・・(フィラガモ)と書いていましたよ・・・

あら~、、、と思いましたが・・車は・・左のほうへ・・行ってしまったのです、、、

その店は・・奥のほうに、大きな窓があり・・通り抜けはできないけど・・・
向うの、大きな通りが見渡せました。。。

そこへ・・さっきの、おんぼろ車が・・ガタンガタンとやってきました。。。

私と、次女は・・落し物を持って・・その車の人達に、叫びましたよ。。。
「本、本、本、落としたよ!」 でも、通じない????
「あっ、ブック、ブック・・・」と言っても、通じないようだ???

秋田県人的には・・とても言ってはイケナイ言葉だけど・・・・
「フェラガモ~!」と叫んだら・・・その外人さん達は、わかってくれましたよ。。。f^^

そして、おんぼろ車から・・出てきた・・金髪イケメンに・・・
その店の窓から・・落としたモノたちを・・渡しましたとさ・・・・
めでたし。めでたし。。。。



次回に、つづく。。。。
(本日の夢は・・二本立てよ・・・)



たぶん、大きな駅・・東京駅みたいなところの、地下通路・・・
そこに立ち並ぶ・・飲食店の、どこかに入った。。。

はじめて入る居酒屋だったけど・・はじめてじゃない感じ・・・
それは・・ママサンが・・居酒屋Sのママだったからだ! ???

一人だったけど・・カウンターじゃなくて・・・
四人掛けの奥のほうに、座りました・・・

私だけだったけど・・途中で、スーツ姿のオジサマが来ましたよ。。。
(60歳くらいの人だと思うけどね・・・)

ママサンが「常連さんなのよ・・舞ちゃんの隣でも、いいよね。。。」
と言うから・・はい、どうぞ・・・となって、私の隣に座りました。。。

日本酒の熱燗を、飲みながら・・ いろいろ話をしていましたよ。。。
「最近、嫁と別れた・・・」と、寂しそうでしたよ、、、

とりあえず、元気出そうよ・・・と、カラオケを歌いました。。。
「銀恋」をデュエットしていたら・・ そのオヤジ、私の腰に、ヌルッと触るんだよ、、、
(あんな、気持ち悪い、触り方・・嫌だよ、、、)
私の腰は・・どんどん、逃げて行きましたよ、、、

歌い終わってから・・・ママサンが、言いました。。。
「舞ちゃんは、マジメな人なんだから・・触らないでね・・・」と
私は・・「キチッと触るのはいいけど・・ヌルッとは、やめてくださいね・・・」
「ほら、こう・・キチッとね・・・」と、手を、しっかり握ってあげたら・・・
ガラッと、扉が開いて・・・若い女性が・・子供を5人くらい連れて、入ってきたのです。。。

ちょうど、私とオジサンが、手を握り合っているときにです、、、

「あなた、やっぱり、そうでしょう・・・ 女好きなんだから・・・」と・・・
その女性が、泣きそうになっていましたよ、、、
(まだ、40になっていない感じ・・・30代後半くらいの女性でした・・・)

長男と思われる20才位の男の子(スーツ姿)
あとは、小学生、幼稚園生みたいな・・ちびっこ4人・・・
(長男だけは・・10代で産んだのだろうか、、、)
しかし・・この元カップル・・年の差、20歳以上だよね???

私は・・・
「違うんですよ・・・たまたま、デゥエットを歌っていただけなんですよ・・・」
と言い訳、しましたよ・・・

そこに、また・・若い女性が、2人・・入ってきました。。。。

あれ、うちの長女だよ・・・あと、私の中学の同級生のO・マリコだ、、、
(どうも、うちの娘と・・友達という設定らしい・・・マリコは、若かった・・・)

それで・・今は、Oじゃなくて、Sだと言う・・・?
このオジサンの長男と、結婚したばかりで・・Sという名前になったらしい・・・
(マリコ、20代の役で、登場してくれました・・・)
(ちなみに、最後に、マリコに会ったのは・・35歳の時でした・・・)

それで・・その若い奥様(30代後半くらい?)の人が・・・
「私、舞さんのこと・・知っていますよ・・・ご近所ですよね・・・T地区ですよね・・・」
と、言うのですが? 私は・・全く、シリマセン???

「どうか・・主人を、宜しくお願いします・・・」と言って・・・
子供達を連れて・・店を出て行きましたよ・・・

(私・・このオヤジとは・・関係ないのにね・・・ 今日はじめて会っただけなのにね・・・)

ママサンが・・・定食みたいなのを・・作ってくれて・・・
私は、それを運んで・・・ オジサンのテーブルに運びました・・・
(美味しそうな、炊き込みごはんの定食でした・・・)

ママサンが・・「舞ちゃんも食べてね・・ごはん、白ごはんしかないけどね・・・」
「はい、じゅうぶんですよ・・ いただきます・・・」

そして、定食を食べていたら・・・
また、扉が開いて・・・若い女性が数人、コスプレしていましたよ。。。
メイドとか、猫ミミつけていたりとか・・かわいい感じでした。。。
それで、みなさん・・昔の駅弁屋みたいなのを・・首から、かけていて・・・
その上には・・弁当じゃなくて・・・手作りアクセサリーとか、いろいろ乗っていました。。。
訪問販売して、歩いているのだな・・と思いましたよ。。。

私は・・「買わないよ」・・・と言っていましたが・・・
ママサンは、熱心に見ていましたよ・・・

そこで・・夢から、覚めました。。。


いろんな知り合いさんが登場してくれた・・オモシロな夢、2本でしたよ。。。f^^
おしまい。。。
[PR]
by kaguramai_mayu | 2013-11-04 09:11 |