カテゴリ:洋館( 70 )

ランチしてから、目的地に向かいました。。。
ちょっと坂道が、お年寄りにはキツかったけどね、、、


到着したところは、清泉女子大学さんでした。
こちらには、洋館がありまして、、、
今も、教室などに使われているというから、凄いです!

それでこちらは、、、
大正時代の建築物で、ジョサイアコンドルの設計だそうです。
旧 島津公爵邸です。。。

c0238971_05423183.jpg


載せられるのは、外観だけです。。。
(室内写真は、撮りましたが載せられません)
(礼拝堂は、撮影禁止です)


そういうワケなので、外から撮ったものばかりです。

c0238971_05423284.jpg



c0238971_05423221.jpg



c0238971_05423282.jpg



c0238971_05423326.jpg



c0238971_05423300.jpg



c0238971_05423389.jpg



凄い人気ある見学会だから、、、
募集して、即満員になっていましたよ。
今回、当たってくれて本当に良かったですよ。。。

c0238971_05423496.jpg



次回に、つづく。。。



[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-11-12 05:27 | 洋館

今回は、アンティーク着物も見られたし〜
素晴らしい洋館も見られたし〜
一石二鳥な、よいイベントでした。。。


それで、二階を見学しました。。。

c0238971_13030170.jpg



c0238971_13030169.jpg



c0238971_13030179.jpg



c0238971_13030241.jpg



c0238971_13030273.jpg



c0238971_13030287.jpg



一階も、少し撮影しました。。。

c0238971_13030222.jpg



c0238971_13030345.jpg



午後4時、過ぎたので、、、
アンティーク着物展は、修了でした。。。

23日まで、アンティーク着物展はやっていますが、、、
前売りチケットを持っていないと、入れませんよ、、、



つづく。。。




[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-09-21 12:45 | 洋館

うちの近所の、Sちゃんの母校。。。
Sちゃんママが、素敵な洋館だったよ〜♪
と言っていたところ。。。

私は、本でしか見たことがありません、、、


c0238971_15041138.jpg




こちらに、見学の申し込みしたけれど、、、
なんか、凄い人気みたいでした、、、

きっとハズレたと思いましたよ、、、



だけど奇跡的に、当たりましたよ〜♪
もの凄く、嬉しいですよ〜♪



c0238971_15041112.jpg



私には、洋館の神様がついているかもね〜(o^^o)





[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-09-02 15:05 | 洋館

今年も・・いろいろな洋館を拝見しました。。。
(まだ今年は・・4ヶ月も、あるけどね・・・)

神戸で、沢山の洋館を見ることが出来ました。。。
川越の、りそな銀行も見たし・・・
稲毛の、神谷さんの洋館も見たし・・・
横浜の洋館も、いろいろと拝見しましたよ。。。
(洋館じゃないけど・・目黒雅叙園も良かったしね。。。♪)

c0238971_18590164.jpg
8月は・・・
青森の盛美館を見たし・・赤坂の迎賓館を見たし・・・
毎月、洋館見学な・・私です。。。

c0238971_08241333.jpg



9月は・・あそこに行く予定。。。
http://maimayu.exblog.jp/18334305/

10月は・・あそこに行く予定。。。
http://maimayu.exblog.jp/20810472/

11月、12月は・・あそこだな。。。
http://www.seisen-u.ac.jp/shimadzu/tour.php
(申し込み、しなくちゃ、、、)

楽しいことを考えないと・・私はダメになるよ。。。
大好きな、洋館のことだけ考えて・・生きていこう。。。♪





[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-30 23:24 | 洋館

邸宅で見るアンティーク着物展

早期お申し込み特典の着物柄絵葉書を貰えるのは、31日お申し込み分まで!


という情報をTwitterで見たので、早めにチケット購入しましたよ♪
*これで、絵葉書が貰えますね。。。^^

先程、郵便局に行ってきましたよ。。。

それで、こんな明細書で、いいのかな。。。
これしか、買ったと証明するものがないよ、、、
(ペラペラの小さな紙・・無くしてしまいそう、、、)
(残高、わかるのが・・なんかイヤだな、、、f^^)

c0238971_14322901.jpg
とりあえず、チーバくん免許証の中に入れました。。。
これで、無くさないと思います。。。



郵便局の帰り道・・骨董屋さんに寄りました。。。

先日、お取り置きした品物を、受け取りましたよ。。。♪
この帯留・・裏側も素敵です。。。♪
(私の太い胴体にも・・巻けました。。。f^^)


c0238971_14322983.jpg

来月は、アンテーク着物に・・この薔薇の帯留をしよう。。。
次の、お出掛けも楽しみですよ・・ワクワク。。。♪


*追記*
先程、iPhoneにメールが届いていました。。。
iPhoneの中の、QRコードがチケットのようですよ。。。
(いちお、明細書も、大事にとっておきます。。。^^)









[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-28 14:47 | 洋館

25日に行ってきた「赤坂迎賓館」の話です。。。
http://maimayu.exblog.jp/24600970/


帰りに売店で・・葉書を購入しました。。。

外では写真が撮れましたが・・内部は撮ることが出来なかったので・・・
このような葉書が、とても欲しかったのです。。。


c0238971_12181156.jpg

外の門や、内側の門も開いているので・・・
私達には、撮ることができないものばかりです。。。

c0238971_12174449.jpg
c0238971_12171200.jpg


室内は、撮影禁止だったので貴重です。。。

*羽衣の間 *彩鸞の間
c0238971_12161005.jpg

*花鳥の間 *朝日の間
c0238971_12152468.jpg




こちらは、ロングサイズの葉書です。。。
それで、一般公開されていない部屋の葉書があったので購入しました。

東の間(ひがし の ま)
建物の2階の東の端にある。アルハンブラ宮殿スペイン)にならったムーリッシュ様式のアラベスク装飾が特徴。
かつては喫煙室、現在は控え室として使われている。一般参観ルートには入っておらず、通常非公開。

c0238971_12145398.jpg
こちらは、二階大ホール (拝見しました)
「絵画・音楽」の絵が飾ってありました。。。


とても良いポストカードが買えましたよ。。。♪






[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-27 12:35 | 洋館

昨日のことです。。。


午前中に、千葉シティーのネイルサロンに行き、、、
エレガントなネイルにしました。。。

その後、江戸の四ッ谷に行きました。。。
S先輩と合流して、軽くランチをしましたよ。
(サンドイッチと紅茶の写真は、撮ってないですf^_^;)


そして目的地の、赤坂迎賓館へ。。。

(内閣府様に迎賓館の参観の申し込みをしたら・・当たったのでした。。。♪)



それで・・西門から入りまして、参観証を見せて、身分証を見せて、、、
カバンのチェックをして、四角い枠の中を通り(金属探知だな・・)
まるで空港の、搭乗前のようでしたよ。。。

桐の御紋のバッチを付けて・・いよいよ、中に入りました。。。


c0238971_08225889.jpg

*迎賓館に失礼の無いように・・安物の着物では無いです。。。
正絹、絽の訪問着にしてみました。。。
菊の模様の帯も・・この場所にバッチリでした。。。
(お母ちゃん、こんな日の為に作っていたんだろうな・・感謝します。。。♪)

*余談ですが・・・
菊の御紋の、花びらは16枚です。。。
(一般人は使うことができません・・・)
桐の御紋は・・よく見かける紋ですが・・・
こちらは五七の桐です。(端が5枚、中心が7枚です)

c0238971_10504131.jpg
一般人だけど・・パスポートには・・・
こちらの菊の御紋、五七の桐の紋が、入っていますね。。。
日本の、印ということなのでしょう。。。

*ちなみに、迎賓館の食器には・・五七の桐の家紋が付いていました。。。




話を戻します。。。


そして・・いつもは見ることが出来ない方向から、、、
迎賓館の正面の門を、見ましたよ。。。

c0238971_08321592.jpg


あちらが道路です・・四ツ谷駅方面です。。。

c0238971_08314696.jpg

本当に、門の内側に入ってしまっていましたよ。。。
(更に、もうひとつの門の内側ですからね・・・)




そして門を背にして・・迎賓館の建物を、中心から見ていました。。。
(端から、端まで・・撮れませんでした、、、)
私の背は、門のギリギリのところ・・それ以上は、下がれません、、、


c0238971_08275114.jpg

記念写真・・母の形見の絽の着物です。。。
「母ちゃん、一緒に来たよぉ~♪」
(母の指輪も付けて来ましたよ。。。)

c0238971_08262747.jpg


迎賓館は、ゆるいアーチのある建物でした。。。


c0238971_08255991.jpg

屋根の上には、鳳凰かな? 鸞かもしれない?


c0238971_08251843.jpg


曇り空だったから、明るさ補正しましたよ、、、(^^;;

近くから、撮りました。。。
立派な建物ですよ。。。*\(^o^)/*


c0238971_08241333.jpg

中央の入り口には、菊の御紋がありました。
横の入り口の扉は、似ていますが、菊の御紋がありませんでした。

c0238971_08501054.jpg


この扉の中は、写真で見たことがある、玄関ホールです。
白と黒の市松模様の、大理石の床ですよ。。。

こちらの扉からは、一般人は入れません。。。



その後、右側の方から中に入り・・しばらく建物内を見学しました。
ボランティアガイドさんだと思いますが・・・
各部屋で、説明をしてくださいました。。。
とても勉強になりましたよ。。。
[彩鸞の間 花鳥の間 中央階段・二階大ホール 朝日の間 羽衣の間]
を見学させて頂きました。。。
(撮影禁止になっています)

*中の様子については、事前に勉強していました。。。
(こちらを、ご覧ください。。。)
http://maimayu.exblog.jp/24584971/
http://maimayu.exblog.jp/24584982/




中の見学が終わり・・外に出て・・・
今度は、建物の後ろ側に回りました。。。
S先輩に、盗撮されていたようです、、、f^^
c0238971_10163520.jpg
建物の後ろには・・素晴らしい噴水のある主庭がありました。。。
こちらの噴水も、国宝になっているそうです。。。


c0238971_08191682.jpg

c0238971_08220851.jpg
c0238971_08205414.jpg


記念写真。。。
かなり太っています、、、着物の幅が狭いです、、、痩せないとね、、、

c0238971_08201609.jpg


セレブ気分で、高いところに上ってみました、、、

c0238971_08195115.jpg



そして、ぐるりと一周して・・また正面のほうへ来ました。。。
最後に、また記念写真。。。

c0238971_08233310.jpg

S先輩とも、一緒に記念写真。。。
(スタッフの方に、撮っていただきました。。。♪)

c0238971_10123495.jpg

c0238971_10073788.jpg

約2時間くらいも・・まったりと見学してきて・・・
外に出てきましたよ。。。




帰りの、迎賓館の門。。。
さっきまで・・あの中にいたのにね。。。

c0238971_08182582.jpg


またいつか・・中に入ることが出来るだろうか???
さよなら・・迎賓館。。。



次回に、つづく。。。






[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-26 09:29 | 洋館

赤坂迎賓館の勉強③

*迎賓館とは・・・
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%8E%E8%B3%93%E9%A4%A8

*内閣府HP、迎賓館写真
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/photo.html



花鳥の間(かちょう の ま)
名称は天井に描かれた36枚の絵や、欄間に張られたゴブラン織風綴織、壁面に飾られた濤川惣助作の『七宝花鳥図三十額』に由来している。室内はアンリー2世様式であり、腰壁は茶褐色のジオン材を板張りしており、重厚な雰囲気を醸し出している。広さは約330平方メートルある。この部屋は、主に国・公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂であり、最大約130名の席が設けられている。



c0238971_12354533.jpg

花鳥の間には、30枚の七宝焼きが飾られているそうです。

下絵は日本画家の渡辺省亭が描き、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E7%9C%81%E4%BA%AD
明治期の七宝焼の天才・涛川惣助(ゆかわそうすけ)が焼いたものです(千葉県旭市出身)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BF%A4%E5%B7%9D%E6%83%A3%E5%8A%A9
ツヤのある木パネルが重厚な雰囲気を作っている。

創設時には「饗宴の間」という大食堂として計画されたらしい。
広さは、330㎥


c0238971_12331565.jpg


朝日の間(あさひ の ま)
名称は天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車(チャリオット)を走らせている姿」の絵に由来している。天井画は長径8.26メートル・短径5.15メートルの大きな楕円形である。室内は古典主義様式であり、壁には京都西陣の金華山織の美術織物が張られている。広さは約200平方メートルある。国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談などの行事が行われている。


c0238971_12354653.jpg


「朝日の間」
天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」
の絵に由来します。
周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石です。

壁には、京都西陣の金華山織のタペストリが張られている。

床には、紫色を基調とした47種類の糸を使い分けて
桜花を織り出した緞通が敷かれています。



c0238971_12354604.jpg




羽衣の間(はごろも の ま)
名称は天井に謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300平方メートルの曲面画法による大壁画があることに由来している。室内は朝日の間と同様、古典主義様式である。正面の中2階には、オーケストラボックスがある。これは、羽衣の間が舞踏会場として設計されたからである。迎賓館の中で最も大きいシャンデリア(重量800キログラム)がある。広さは約330平方メートルある。この部屋は、雨天の際に歓迎行事を行ったり、また、晩餐会の招待客に食前酒食後酒が供されるところである。


c0238971_12354680.jpg

「羽衣の間」
謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300平米の曲面画法による大絵画が、
天井に描かれていることに由来します。
3基のシャンデリアは迎賓館で最も豪華なもので、
およそ7,000個もの部品で組み立てられており、
高さは約3メートル、重さは約800キログラムであり、
壁は楽器、楽譜等をあしらった石膏の浮彫りで飾られています。


c0238971_12354626.jpg

フランス18世紀末様式とされている天井画は、
フランスの画家によって描かれたものだそうです。





東の間(ひがし の ま)
建物の2階の東の端にある。アルハンブラ宮殿スペイン)にならったムーリッシュ様式のアラベスク装飾が特徴。かつては喫煙室、現在は控え室として使われている。一般参観ルートには入っておらず、通常非公開。

和風別館

游心亭(ゆうしんてい)
1974年(昭和49年)に、谷口吉郎の設計により新設された。主和室は、47畳の畳敷である。現在の和風別館は「日本らしいもてなしを行う施設」として、主に国公賓の会食や茶会などに供されてきたが、これらの施設は残しつつ、新たに宿泊施設を設けるなどの施設拡充が計画されている。和風別館の増改築事業については、安藤忠雄らの設計共同体が設計者として選定された。




*赤坂迎賓館の見学、とても楽しみです。。。♪
*いつかは、京都迎賓館の見学もしてみたいですよ。。。♪





[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-24 22:26 | 洋館

赤坂迎賓館の勉強②

赤坂迎賓館は、内部撮影は禁止です。。。
自分では、撮影することが出来ないのです。

検索したら、内部写真が出てきました。
関係者しか撮れない写真でしょうね。。。

*自分の目に、しっかりと焼き付けてきます。。。


*内閣府HP、迎賓館写真
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/photo.html



玄関ホールの床は、白と黒の市松模様になっているそうで・・・
白は、イタリア産の大理石。。。
黒は、国産の玄昌石(げんしょうせき)だそうです。。。


c0238971_13193848.jpg

2階大ホールから見下ろす中央階段の床には、
イタリア産の大理石が張られ、その上に赤じゅうたんが敷きつめられています。
階段の左右の壁には、フランス産の大理石が鏡張りされています。
また、欄干はフランス産の大理石であり、
その上に8基の黄金色の大燭台が置かれています。


c0238971_12331479.jpg

中央階段(ちゅうおうかいだん)と二階大ホール
欧州産の各種大理石がふんだんに用いられた階段とホール。ホールには小磯良平の絵画が飾られている。来訪した賓客を天皇皇后両陛下が迎える。


c0238971_12331409.jpg


2階大ホール正面の左右の壁面には2枚の大油絵
(小磯良平画伯作 向かって左側は「絵画」、右側は「音楽」)
が飾られています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%A3%AF%E8%89%AF%E5%B9%B3


c0238971_12331533.jpg
彩鸞の間(さいらん の ま)
名称は左右の大きな鏡の上と、ねずみ色の大理石で作られた暖炉の両脇に、「」と呼ばれる架空の鳥をデザインした金色の浮き彫りがあることに由来している。室内はアンピール様式であり、白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾されている。そして、10枚の鏡が部屋を広く見せている。広さは約160平方メートルある。この部屋は、表敬訪問のために訪れた来客が最初に案内される控えの間として使用されたり、晩餐会の招待客が国・公賓に謁見したり、条約・協定の調印式や国・公賓とのインタビュー等に使用されている。

c0238971_12331593.jpg


「彩鸞の間」
左右の大きな鏡の上とねずみ色の大理石で造られた暖炉の両脇に「鸞」(らん)
と呼ばれる霊鳥をデザインした金色の浮彫りがあることに由来します。
白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾され、
10枚の鏡が部屋を広く見せています。
壁面に、鎧武者とライオンがモチーフのレリーフがあるそうです。


c0238971_12331503.jpg
暖炉の横の鳥・・鸞(らん)(架空の鳥らしい)

(らん)は、鳳凰の一種で青いものをさすとも、鳳凰は赤いのに鸞は青いから別のものともいう。唐の『初学記』(727)によれば、鸞とは鳳凰の雛のこととされる。また江戸時代の『和漢三才図会』は鸞を実在の鳥とし、中国類書三才図会』からの引用で、鸞は神霊の精が鳥と化したものとする。また鳳凰が歳を経ると鸞になるとも、君主が折り目正しいときに現れるとしている



*赤坂迎賓館の勉強中・・つづく。。。







[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-24 20:52 | 洋館

赤坂迎賓館の勉強①

数年前のことですが・・うちのダンナ様は・・・
赤坂御用地内に、毎日というくらいに入っていたことがありました。
(重要任務していたときがありました。。。)

「○○様が、お車に乗って行かれたところを見たよ~」
とか言っていましたけどね・・・
一般庶民なので、お話したことは無いそうです、、、

宮内庁の人とは、仲良くさせて頂いていたようで・・・
美智子様の誕生日祝いの、お菓子を頂いてきたことがありました。。。

しかし、神棚にあげていたら・・・
なんとチビ姫が・・6個、全部、食べてしまったのですよ、、、

c0238971_18301288.jpg

大事にしておいて、皆で、1個づつ・・食べようとしていたのに、、、
本当に、ショックで、、、嘆き悲しんだワタシでした、、、(涙)

『パパが食べていいと、言ったから・・・』
って・・全部、食べることはないだろうよ、、、

後日、ダンナ様は・・このことを宮内庁の人に話して・・・
何と言うか、図々しくも・・また、いただいてきたのでした、、、(恥)

おかげで、こちらを・・今度こそ味わって食べましたよ。。。♪
お上品な甘さで・・美味しかったですよ。。。♪

c0238971_12565204.jpg

二度目に頂いたものは、田舎に持って行き・・父母にも食べさせました。。。
(チビ姫には、ひとつもあげませんでしたよ、、、)
『皇室』と書いてあるのは、写真集で・・母にあげたら、とても喜んでいましたよ。



あと・・雅楽の演奏(舞い)を拝見することができました。。。

急にダンナ様から「大手町まで来るように~」と言われてバタバタ行きましたよ、、、
(招待状の封筒を、開けて見ていなかったらしいよ、、、)
時間に余裕があったなら・・いい着物を着て行きたかったなぁ~、、、
確か、エレガントな洋服で行った筈でしたが・・今は、太って着ることができません、、、

とても、いい体験をさせて頂きました・・良い思い出になっていますよ。。。♪



c0238971_12560994.jpg


ダンナ様の・・重要任務は終了しているので・・最近は、何も呼んでいただけませんけどね、、、

そんなダンナ様でも・・赤坂迎賓館の中には・・入ったことが無いらしい、、、
それなのに・・私が・・入れることになりましたよ。。。♪

「平成27年度、迎賓館赤坂離宮参観」に、6月に申込みをしていまして・・・
7月下旬に、内閣府様から「参観証」が届き・・飛び上がるほどの感激でした♪
それで、国宝の赤坂迎賓館を見学できることになりました。。♪


*私が持っている洋館の本を見て、勉強していました。。。


c0238971_12273351.jpg


c0238971_12273335.jpg


c0238971_12273434.jpg


*内閣府HP、迎賓館写真
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/photo.html

迎賓館の正門は、誰でも見ることが出来ます。。。
(はとバスツアーでも、立ち寄ったりしますよ)
私も以前、こちらの前を通り、拝見したことがあります。

一般公開では、西門から入るということです。。。
こちらから入れるのは・・特別な、ご来賓の方々だけでしょうね。

一般公開では内部撮影は禁止ですが、外観の撮影は可能だということです。
良い写真が撮れるように、頑張ります。。。♪


c0238971_12453954.jpg


約117,000平米(約35,500坪)の敷地

ネオバロック様式の壮麗な洋風建築


c0238971_12273438.jpg


c0238971_12273472.jpg

明治42年東宮御所として建造され「赤坂離宮」と呼ばれてきましたが、
昭和43年12月から5年余の歳月をかけて昭和49年3月に国の迎賓施設として改修されたものです。

正面中央にはバルコニーのついた玄関があります。
緑青の屋根には日本の甲冑を形どった装飾が左右対称をなし、中央部には菊の紋章が飾られています。


c0238971_12273507.jpg



片山東熊(かたやま とうくま、嘉永6年12月20日1854年1月18日)- 1917年大正6年)10月24日)は明治期に活躍した建築家山口県生まれ。工部大学校の建築学科第1期生。 工手学校(現工学院大学)造家学科教務主理。

宮内省赤坂離宮など宮廷建築に多く関わる。職務として県庁や博物館、宮内省の諸施設など36件の設計に関わったほか、公務の合間に貴族の私邸を中心に14件の設計を行った。

日本人建築家の養成を行うべく来日した、ジョサイア・コンドルの最初の弟子である。

代表作である旧東宮御所(現・迎賓館)は、2009年に明治以降の建築としては初めて国宝に指定された。


*まだまだ、勉強はつづく。。。






[PR]
by kaguramai_mayu | 2015-08-24 19:00 | 洋館